新型コロナウィルス感染症の発生について(第2報)

 令和4年1月5日に、新型コロナウィルスPCR検査で職員1名の陽性、及び2名の濃厚接触が判明しましたが、濃厚接触者を含む当該部署での職員全員のPCR検査を、令和4年1月8日までに完了し、全員の陰性が確認されました。また、濃厚接触者2名も14日間の自宅待機を完了し、1月14日より職場に復帰いたしました。
 病院業務につきましては、通常通りとさせて頂きますが、面会制限は引き続き実施させていただきます。
 皆様には、ご心配、ご迷惑をおかけしますが、感染防止対策には今後とも万全を期して取り組んでまいりますので、ご理解、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

令和4年1月14日      
ほうゆう病院 院長 長尾 正嗣